田舎 de 婚活


「田舎 de 婚活」は地域活性化を目指し、「人と人」「人と地域」をつなげる地域密着型の婚活イベントを提供します。

スタッフ紹介


合同会社SOZO 代表 吉岡隆幸(すっしー)

大学卒業後、大手旅行会社に4年間勤務するも「自分に
しかできない仕事がしたい!」と一念発起し脱サラ。

千葉九十九里へ移住し、特定非営利活動法人TINA
いなか日記事業部のディレクターとして、農業体験ツアーの受入や農業研修・田舎暮らし研修の受入を積極的に
行いながら、農業と地域の活性化を目指し、幅広く活動。

また、TINAに所属していた時から、農家の後継者不足を
解消するための事業「農家と婚活project」を2年間実施。



2012年1月、TINAよりスピンオフし、合同会社SOZOを設立。

それに伴い、「農家と婚活project」を「田舎de婚活」へとリニューアルし、より一層この地域の
過疎化対策へ力を注ぐ。




田舎 de 婚活スタッフ 川島小春(ぽん子)

ひょんなきっかけで参加することになった「農婚」で、
横芝光町とネギ農家の夫に一目惚れして、出会って
1年後には結婚式を挙げていました。

本職であった栄養士から、農家に転職することになり
ましたが、人々の心身の健康を作るお手伝いという意味
では、どちらも目指す場所が同じだったように思います。

農家って何をするの?自由がなさそう、大変そう。
いえいえ、農家にも新しい風が吹いています。
こんな人が農家の嫁さんになったんだ、農家の嫁さんに
なってからでも、こんなことができるんだということを、
たくさん発信していきたいと思っています。





田舎 de 婚活スタッフ 鈴木静(しーちゃん)

都会暮らしで農業とは縁のない生活を送りつつも、
農業に興味を持ち、どうやったら農業に関わることが
できるか模索中の2009年、特定非営利活動法人TINA
の活動を知り、「農家と婚活project」に参加。

それをきっかけに「農家と婚活project」の運営にも加わり、10年間の勤め人生活を経て、2012年、横芝光町の専業
農家の嫁に。

現在、「農家の嫁」と「田舎 de 婚活」のスタッフ、
2足のわらじで、田舎生活に奮闘中。